Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/22

今年に入ってから、断捨離というか、未定の引っ越しに向けて部屋の整理を少しずつ行っている。

実家に寝かせていた書籍・雑誌類は、全て処分してしまった。
自分にとって必要な物か否か、判断して決断力を養うっていうのがポイントなんだろうけど、どっちなのか微妙なグレーゾーンの仕分けが面倒になってしまって、もう「えーい」と。
本来は、期限付きで残して必要でなかったら処分、というのが良かったんだろう。最近になって勉強しなおそうと思い始めた分野があるので、参考書はやっぱり残しておくべきだったかも!とちょっと後悔…。でも、学習欲が湧いたことはいいことだと思いなおすことにした。

CDも久しぶりにいろいろ聴くと、ラウド系はもういいかな~と思っていたのが、ジョンスペンサーの昔の(orangeとか。最近の活動はわからない…)がかっこよかったりして。
高校生の時、友だちに貸したら「こんなにうるさいのばっかり聴いて!」と、代わりにマライアキャリーのクリスマスのアルバムを「聴きなさい」と貸してもらったことがあったなぁと思い出した。90年代の話。

5/16

うっかり間が空いてしまいましたが、久しぶりに更新します。

GWのある日、Nちゃんと円山散策をしてきた。
彼女のお友だちが働き始めたお店でご飯を食べるのが第一目的で、赤い大根とか細長くて甘い人参とか、普段自分では買わないような野菜がてんこ盛りで、野菜好きな私には嬉しいお料理だった。

その後は、私が事前調査で気になったお店に、Nちゃんが「全部行こうよ!」と付き合ってくれた。一人では入りにくかったであろう雑貨屋さんにも行けてよかった。
印象が強かったのは、ベトナム人女性がやっているお店。(お店というか、ほとんど車庫だったけど。)
前からベトナムに行ってみたいと思っていたので、ちょっとお話ししてみた。夏はジメジメして暑いから、冬の方がいいかもねぇ。とか、安いプラン考えてガイドも探してあげるよ!とか言ってくださって、親切なお母さんてかんじだった。
16日から料理屋さんも開くそうで、帰る時も「16日からだよ!」と見送ってくれた。そんなに言われると気になる…。フォー食べたい…。でもちゃんとお客さん入っているのか心配…。

マルヤマクラスに寄ってから、小雨の降る中、花見客と入れ替わる様に神宮でお参りしてきた。
他人の絵馬を盗み見していたら、自分以外の人の幸せを祈るものの中に混じって、「こ、これは…」という丑の刻参り的な内容のものがちらほらあったりしておどロイター通信だった。年末に名古屋の大須観音で見た絵馬には、こんなの無かったよ!

Nちゃんは本当に気立てのいい子で尊敬しているのだけど、お笑いや音楽の話とかも合うのでおもしろい。
私の最近のお気に入り「ピエール靖子」も、ハッとした顔で「(見たこと)ある…!」と。以前メーカーさんから、北海道では放送していなかったけどおもしろいから見てみてください、とサンプルをいただいたそう。それを聞いて今度は私が「…!」てなったけど。

2/27

高校時代の友達&そのお子さん達と久しぶりの会合だった。

慣れた人が赤ちゃんを抱っこするといい具合に体にフィットしてるけど、私の場合、なんか赤ちゃんの体が不自然な形になるし、斜めに真っ直ぐになっていくし…。泣かれなくてよかったけど。

身内にもいないので、たまにこういった子どもに接する機会があると、正直どうしたらいいのかわからなくて戸惑う。
それでも、同じ目線にかがんだら、ものすごい勢いで顔めがけて抱きつかれて(ぎょえ~)ってなったりするのも、まぁ、悪くないな、と思った。3才男児・元気いっぱいでした。赤ちゃんの方は、たまにどや顔をしていた。師匠って呼んでみた。

2/17

会社を休んで丸一日講習を受けてきたけれど、あまり必要なかったかなぁと。工事現場の安全管理とか私がするわけではないので。
「1メートルは、一命とる」という標語が出てきたので、(1メートルの高さでの作業も、実際頭の位置は1m70の身長の人なら3m近くになるから注意しろという意)洗濯物を干すときには思い出そう。

帰りに映画を観に行くか、いったん帰宅して麿(登坂さん)に会ってからジムに行くか迷うも、これ以上座りっぱなしは辛いと思い後者を選ぶ。

私は18:40からの岩尾くんの中継コーナーが好きで、二人のやり取りがおもしろい。でもワイプで抜かれる麿ばかり見てしまう。毎回クイズを出題されて、笑顔なんだけど(苦笑い?)ちょっと面倒くさそうにしてる麿。

この日は雪崩救助犬の訓練を受けているクロラブちゃんが主役で、雪山の中に隠れていた岩尾くんは無事救出されていた。
クイズの方は、救助犬が最初に受ける訓練は?という出題で、答えは「吠えること」だった。(たしか麿は不正解だった。)遭難者を見つけた時に吠えて知らせるんだそう。

ちょっとお見せしましょうかといって、訓練士さんが合図をすると、「わんわんわん」と吠え続けるクロラブちゃん。そして、ストップの合図をすると…構わず吠え続けていた。岩尾くんに「もういいんだよ~後で遊んであげるからね~」と言われてもやっぱり吠え続けていた。音声が鳴き声で掻き消されていたよ。
結局、コーナーが終わって音声がスタジオに切り替わり、フェイドアウトしていく画像でも吠え続けていた。

微笑ましかったけど、試験には合格できるのだろうか。(いやいや、がんばっておくれ。)

2/16

昔バイトしていた会社で一緒だった子たちと遊んだとき、一人の子が
私そういえば、Tさんに何回かお金貸してたんだよねー、と話してくれたことがあった。

一回につき2万とか…でも次の週にはすぐ返してくれて。別に嫌じゃなかったんだ、いつも2千円とかちょっと多く返してくれたし。ただ、周りの人に知られたらヤバいだろうなぁとは思ったけど、って。

自分の娘と同じ位の年の子にそんなこと頼むTさんに驚いたけど、割と平然と話す彼女も懐が深い(?)なぁと。
さっぱりしててやさしい子だから、彼女の口から聞くとさっぱりした話なのかも?とすら思えてくる。もしくは、彼女にお小遣いをあげたいが為の口実だったのかなぁとか。
私ならぎょっとして周りの人に言うなぁ。(ブログにも書くなぁ。)
倉庫で一人で作業していたら突然入ってきて、ドアを閉められたり軽セクハラされたことはあったけど、もっとひどいことされてた人はいたし、まぁどっちも嫌か。
話を聞いていた私は、「2万貸して2千円て、トイチだ!」と咄嗟に口から出て「そこに食いつくの」と笑われたけど。

咄嗟つながりで、昨年末に名古屋にいる友達・和ちゃんを訪ねた時。
一緒に立ち寄った大須観音で“除夜の鐘 一突き千円”という募集の貼り紙を見て、「十万ちょいの収益か…」と呟き、「計算が早い」と彼女に笑われた。最終的に108人集まったのだろうか。

そういう和ちゃんは、いわゆる歴女で、きれいな日本語を話す黒髪が似合う子なんですが、「私、フィリピンパブに行ったことあるさー」とか言うので笑った。ギャップ萌え。

きっかけはクズ漫談で思い出していたら、フィリピンパブの話になってしまった。

Extra

プロフィール

38

  • Author:38
  • 30代女子。
    日々の記録です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

無料ホームページ ブログ(blog)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。