Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/26

友だち親子3組と手ぶらの私とで、円山動物園を散策。

動物を見るというよりは、ベビーカーを押したり荷物を持ったりボランティア感覚で参加した。乳幼児連れのお出かけは慣れないと大変そうで、トイレに行くのも一苦労だったので、たまには良いことをしたんじゃないかなぁと自画自賛。
三歳男児2人にもうじき一歳の男女のお子さん計4人で、とても賑やかだった。
あまりに元気すぎて、「男の子は元気で見ていておもしろいけど、私、やっぱり女の子の親で良かったって今日思った。38ちゃんも女の子のほうが向いてると思う。」という友だちの意見に賛成してしまったけど。お母さんはえらいなぁと尊敬しきりだった。

前日に、美容師さんとキリンの赤ちゃんがいるらしいと話していたら、彼は「キリンは産まれた時、首短いんじゃないかな」と言う。
最初は、(そんなわけないよー)と思っていた。けれど、1人でやっているお店なので他に意見を求めることもできない中、
「哺乳類って赤ちゃんの時、みんな似たような形してんじゃないかな。ちょっとずつ首伸びてくのかな。あれ、いつ伸びるのかな」と、短いのが前提の呟きが続くと、だんだん(そうなのかな…パンダの赤ちゃんも産まれたては親指位の大きさだっていうし…)などと思い始めて自信がなくなってくるから不思議!いや、惑わされちゃいけない。

実際の赤ちゃんは、生後10日でちゃんとキリンの形をして歩いていた。(おまけに私と誕生日が一緒で、ということはほんこんとも一緒だ!と思ってウケた。)
次回髪を切ってもらう際は、忘れずに彼に事実を伝えねば。

あと、オープンしたての爬虫類館にいた、人や鹿?を飲み込んだ記録のあるワニとか、エゾサンショウウオの説明書き「幼少期に飼育温度を間違えると、性別が変わることがあります」とか、自分一人なら見ないであろう動物たちが意外にもおもしろかった。

帰りにさっちの新居で休憩させていただいて、だんなさんに8年振り位に再会した。
そのまま晩御飯を一緒に食べに行くことになり、手持ちが数百円だった私はごちそうになってしまった。でも、帰りの車中で彼女が「今日はもう御飯作りたくないなー」と呟いていたので、一役買えて良かったことにする。

私は、二人のことを10年以上前から知っていて、さっちは賢くて仕事もできて、だんなさんより社交的だ。それでも、彼のことを頼りにしていて、立ててあげているようにも見えて、そういう配慮を思うと涙が出そうになった。二人の絆が深いということなんだね。
スポンサーサイト

6/17

職場で急病人が出て救急車を呼んだりと、不安な一日だった。
119番に電話をかけるのも初めてな自分だったので、このような緊急時に事務所に人が揃っていて良かったと心から思った。誰もいなかったら、気が動転して泣いていたんじゃないかと。
年齢を重ねていくと周囲の高齢化と共にこういう場面に出くわす機会も増えていくんだろうけども、これが日常の救急隊員の方には本当に頭が下がると思った。

6/13

歯医者2回目。
半年前に治療した歯がまた欠けた為で、その時ちゃんと処置してくれていたら一度で済んだのに、と思う。なので、先輩に紹介してもらった病院に変えた。
ただ詰めなおすだけかと思いきや、かなり虫歯が進んでいたようで、「神経抜いていい?」と先生に言われてしまった。痛みが全くなかったので気付かなかったよ!今まで神経を抜いた歯が一本もないということで、結局はぎりぎり抜かずに治療してもらったのだけど。
口をあけて「グガガッ」てなってる間、アウトレイジの石橋蓮司が脳裏をちらつく。

今日は、お会計で呼ばれた人の名前に聞きおぼえがあったのでそちらを見やると、うちの社長と仲良しの、酔うと「うちの次男の嫁にこないか」とからんでくる社長さんがいた。(でもこの人がお義父さんなら優しそうだなぁとは思う。)
私の職場の人は以前、飲みの後に入った回転寿司屋で、泥酔状態の彼(社長)が醤油を飲もうとしている場面に遭遇し、慌てて止めたそうな。そんなエピソードを思い出しながら、そのまま後ろ姿をお見送りした。なんか憎めない。でも声は掛けない。

メモ
旅猿のナレーションが半井さん。天気予報時の早口さは感じず。

6/3

ここ2週間くらい、仕事関係で気がかりなことがあり、ずっともやもやしていた。
結局、解決はしないだろうということに落ち着いたけれど。それは、追いかけて行くうちに飛び出してきた事実を知ってのことなので、知らないで諦めるのとは違って、やっと吹っ切れそうだ。つうかもう関わりたくない。893NG。

それとは別件で、震えるくらい腹が立つこともあったりして、今はとても山に登りたい気分。マイナスイオンをたっぷり浴びたい。嗚呼、お地蔵さま!

5/23 ととさかさん

仕事帰りにナオさんのお店へ。
ハチちゃんの出勤が今月までとのことだったので、ギモーヴ(という2年前にちょっとしたブームだったらしい?マシュマロ)を持って行った。喜んでいただけてよかった!反面、(意外と甘いの、これ…)と不安になる。
彼女と顔を合わせるのは数回だったけど、私のヨガ教室に通いたいと言ってくれたりして嬉しかった。
いつの日か実現できるように、その言葉を胸に続けていきます!

お店では、退勤後のグレちゃんが残っていて、ナオさんに仕事を教わっているのを後ろで聞いていた。
「グレが確認してこなかったら、私からは二度と言わないよ?」
変な甘えとかがなく、いい意味で緊張感が漂っていた。彼女の自立を思ってのことなんだなぁというのが伝わって、今まで人に仕事を教える機会がほとんどなかった私にも、勉強になりました。

そんなグレちゃんは、自分のみた夢の話をしてくれた。
私は話の迷路に迷い込みがちなのに対し、ナオさんのお友だちは、「え?それってどういうこと?」とかいい具合に手綱を握って内容を引き出していた。聞き上手ってこういう風にするといいんだなとか、また学ぶことが多い一日であった。

Extra

プロフィール

38

  • Author:38
  • 30代女子。
    日々の記録です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

無料ホームページ ブログ(blog)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。